Now Loading...

美容皮膚科のご予約・お問い合わせ
050-3734-0694【完全予約制】
平日|9:55~13:15 14:30~18:45 土曜日|9:25~13:15 14:30~16:30

院長ブログ

CHO:しあわせ係 について

2021年09月22日

私がCHO(Chief Happiness Officer)という言葉を知ったのは
2020年のことです。

とある会で丹羽真理さんの講演をお聞きしてスタッフの1人
(Y.M:因みに私も村上義之なのでY.M。
CHOは誰でも名乗れるので私も自認CHOのつもりです)
に相談したところ、就任を快諾してくれました。

「パーパス・マネジメント(Purpose Management):
下記に目次を掲載」や講演によると
幸せな社員はそうでない社員に比べ生産性+31%
、売上+37%、創造性3倍も高いとのこと。

つまり、社員が幸せだと、会社も儲かるということ。
経営者にとって大切なのは社員が「成果が出るから幸せ」
なのではなく「幸せだから成果が出る」とポジティブ思考
に切り替えて、社員の幸福度を高めることは大切なビジネス
戦略であると言うことを十分に理解すること。

そして社員を含め全員が「自分が意義を感じられる仕事を、
自分らしく、周囲と良い関係を築きながら、実現できること。
そのための土台として心と身体の健康が備わっていること。」
を意識することが大切。

「仕事における幸せ」をもたらす4つの要素である
「会社・自分の存在意義(Purpose)」
「自分達の強み(Authenticity)」
「周りの人との関係性(Relationship)」
ベースにある「心身の健康(Wellness)」
について自分自身でも考えるようにお手伝いをする人、
それがCHOです。色々なアプローチの仕方があるだろうし、
個人個人によって受け入れやすい手法も異なるのだろうと
思われます。


Purpose:パーパス、存在意義

個人の存在意義とまでは言わないまでも、個人が
大切にしていることと、組織のパーパスの間のつながりを
探して、そこに気づいてもらえれば「共感」に繋がる。

自身のパーパスと組織のパーパスに重なる部分を
見いだせると入りやすい。
そして組織のパーパスに社会的意義が含まれていることが
必要だとされています。

Authenticity:自分らしさ

自分の強みを活かし、自分らしく仕事が行えること。
そして仕事の進め方に自由度があって、一定の
裁量権があることが重要だと言われていました。

自分の強みを知る、ここにもCHOが介入するところ
があります。

仕事において毎日自身の強みに取り組む機会のある人や、
毎日メンバーが自身の強みに集中しているチームは、
ない人/チームと比較して以下の傾向があるのだそう。

・「意欲的かつ生産的に仕事に取り組む」と回答した人:6倍

・チームの生産性:+12.5%

所得や学歴よりも「自己決定」が幸福感に強い影響を
与えるのだそう。

Relationship:関係性

一緒に働く人々と良い人間関係を築き、協力して働けること。
ポイントは相互理解とポジティブフィードバックとのこと。

日本では「ちゃんと出来ているのが当たり前」という意識が
強いので、出来ていないことばかりを指摘しがちになります。
「出来ていること自体が素晴らしい!」それをきちんと
伝えること(承認、認知すること)が大切だと。

もちろん、ネガティブなことも必要なこととして伝える必要
があるが、出来るだけネガティブな事の数の3倍以上褒める
のがポイントだそうです。

そしてネガティブな事を伝える際にも、
・ここを改善すれば、それにどういう意義があるのか?
などをあわせて伝える。
・ネガティブな事をまとめて伝えない!(分割)

順番は、ポジ→ポジ→ネガ→ポジ。「ポポネポ」で
フィードバックを!
強みに関するフィードバックを得ている人は、
得ていない人と比較して以下の傾向があるとのこと。

・生産性:+7.8%
・離職率:マイナス14.9%

Wellness:心身の健康

仕事に取り組むにあたって、心身が健康であることが
大切なのは言うまでもありません。

———————————————————————

私自身も数年前に「7つの習慣」を学んだ際に個人のみならず
組織のミッション、ビジョンを明確にしようと考え、
この「パーパス・ドリブン:purpose driven = 目的に導かれ」」
という言葉を知り、あわせて個人のパーパス、組織のパーパス
も加えました。

私(村上義之)のパーパス
知識を知恵に変えて家族や社会に貢献する

ミルディス皮フ科のパーパス
皮膚に関する知識と技術で地域に貢献する

ミッション
皮膚科・美容皮膚科医療を通じて地域の皆様の
幸せに貢献する。

ビジョン
皆が心身共に健康で長生きし、自分らしく
輝いている社会

経営理念
全従業員が自ら成長を続け、物心両面の豊かさ
を追求する組織

参考

丹羽 真理/幸せな組織作りからイノベーションが生まれる

社員の幸せと成果は両立できる―「個々の正義」と向き合うパーパス・マネジメント

パーパス・マネジメント ―― 社員の幸せを大切にする経営 単行本 – 2018/8/31 丹羽 真理  

パーパス・ドリブン:会社は何のために存在するのか?

医療法人社団ミルディス皮フ科
村上 義之