Now Loading...

平日 |9:55~13:15 14:30~18:45
土曜日|9:25~13:15 14:30~16:30
休診日|日・祝日

美容皮膚科のご予約・お問い合わせ
050-3734-0694【完全予約制】

院長ブログ

新型コロナに負けない体つくり 

2021年10月14日

20211007

https://corona.go.jp/proposal/pdf/miku_20201119.pdf

東京都足立区ならびに神奈川県横浜市西区にあるミルディス皮フ科の村上です。
今回は「新型コロナに負けない体つくり」と題して、皆さんに意識しておいて頂きたい栄養素についてお話します。

東京では緊急事態宣言の延長がようやく明けたばかりではありますが、ワクチン接種も進みはするものの冬に向かって次ぎの感染拡大の波を危惧する声も多く聞かれます。

今更ではありますが、コロナに負けないための対策として我々がとれる行動は以下の2つです。

1)ウイルスを体内に入れない=予防策
2)ウイルスが体内に入っても重症化させない=免疫的対策

1)については、上図を出すまでもなく、皆さん耳にタコ状態かと思われます。
今回は主に、2)ウイルスが体内に入っても重症化させない=免疫的対策についてのお話です。

大前提となるのは、もちろん「規則正しい生活習慣」であることは言うまでもありません。

適度な運動、良質な睡眠、ストレスをかわす、栄養を考えた食事を心がける、などなど。
ワクチンも2)の一部だと考えられます。

では、何について話すのか?

先のブログでも取り上げたビタミンDを含めた免疫を高める栄養素についてであります。

では、なんで??

分子栄養学を勉強し始めて、自分自身の検査からも私自身に各種のビタミンやミネラルの欠乏がありました。
今でもサプリメントでの補充は継続しています。
さらには、下記のヘルシーパスの田村社長の講演でも教えられましたが、私だけでなく、多くの日本人が3大栄養素は充足していますが、ビタミン、ミネラルが不足した「新型栄養失調」とも言われる状態になってしまっているのです。

ビタミン、ミネラルがないと、どうなるか?人間の体の中で各種酵素が先ずもって働いてくれません。
グルタチオンペルオキシダーゼにはセレン、SOD1,3には亜鉛と銅、SOD2にはマンガン、カタラーゼには鉄が必要です。
*SOD:細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素

さらに現代人は糖質と脂質の摂り過ぎに対して、タンパク質が不足していることも言われています。
そうすると、上記の酵素もタンパク質から作られていますので、そもそも酵素の量が足りないということも生じてしまっている訳です。

酵素は命の源とも言われますが、外部からとる「食物酵素」と体内で作られる「潜在酵素」に分けられ、潜在酵素が作用するためにはビタミンとミネラルが充足している必要があります。

少し話しを戻しましょう。
コロナに負けないための「免疫を高める栄養素」は?

色々な答えがあるのかも知れませんが、私自身は下記を意識するようにしています。

①良質なタンパク質を十分に摂る
②腸内環境をよくする(プロバイオ、プレバイオ、バイオジェニックス)
③脂溶性ビタミン(A,D,E)
④水溶性ビタミン(B群、C)
⑤ミネラル(鉄、亜鉛、セレンなど)
⑥感染症といえば、オリーブ葉などです。

①良質なタンパク質を十分に摂る

これは当たり前と言えば当たり前ですよね!タンパク質が分解されたアミノ酸から免疫グロブリンの材料ですもの。
組織の修復にも必須です。酸素を運ぶヘモグロビンもタンパク質のグロビンと鉄を含むヘムが結合した色素タンパクです。
目安として体重1Kgあたり、1gを目安と言われています。

②の腸内環境をよくするにも重複しますが、アミノ酸の中でも重要なのがグルタミンだろうと思われます。
・創傷治癒促進
・免疫能維持や向上:免疫細胞のエネルギー源
・腸管バリア機能:腸管粘膜のエネルギー源

私は粒のサプリ以外に、iHerbでグルタミンパウダーを購入して、プロテインに混ぜて飲んだりしています。
ラクトフェリンも感染防御にもなるし、ビフィズス菌を増やす作用などから腸内環境改善にも役立つと思われます。

②腸内環境をよくする(プロバイオ、プレバイオ、バイオジェニックス)

これも当たり前と言えば当たり前ですよね。免疫細胞の70~80%は腸にいると言われるくらいですから。
プロバイオとしては、主に短鎖脂肪酸を産生する、酪酸菌を含むもの(ビオスリーやミヤBMなど)と腸内細菌の多様性を意識して他種類の菌を含む製品を摂るようにしています。

1つにしぼらないで敢えて色々変えています。
プレバイオとしては腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維を食事とサプリで適宜調節するように意識はしています。

そして、もう一つ当院でも取扱いのある乳酸菌生産物質(フローラル・ケア)を家族で愛飲しています。
自分の持っている善玉菌を増やしてくれるので。

③脂溶性ビタミン(A,D,E

1)ビタミンD
最近では感染防御に関わるビタミンの中での主役になっています。
免疫細胞の分化誘導などに関わり、インフルエンザへの効果に対してはかなりの有効性報告がありますし、コロナに対しての有用な報告も多数出てきています。
インフルエンザウイルスもコロナウイルスも共にRNAウイルスです。以前にもお話しましたが、

ビタミンDは血中濃度を測定しましょう。どれくらい飲むか?よりも、どれくらいの血中濃度になったかが大切です。
当院で採血をされた方のほとんどは20ng/ml以下でした。できれば40~60ng/mlは目指しましょう。

中には100ng/ml以上を推奨しているところもあるくらいです。
因みに、このビタミンDが活性化されるのに日光が必要です。
皮膚科でもありますから、積極的に日焼けをしろとは言いません。

適度に日光を浴びましょう!

私は通常は5,000~10,000単位を接種するようにしています。

2)ビタミンA
成長や分化、皮膚や粘膜の正常保持に関わっています。
さらに細菌やウイルスが体内に入る入り口になりやすい粘膜での防御にあたるIgA抗体産生維持にもビタミンA(レチノイン酸)が重要な役割を果たしています。

私は1日10,000単位を毎日摂るようにしています。

3)ビタミンE
細胞膜における抗酸化作用を担っています。
一般的には600IU(1回200IUを3回)摂取が推奨されています。

④水溶性ビタミン(B群、C)

ビタミンB群は感染症だからというよりも、エネルギー産生に必要です。
感染症生じれば、ビタミンB1などが大量に消費されてしまいます。
エネルギー産生を考えて、B群(単独ではなくマルチ)で摂取すると良いでしょう。ビタミンCは白血球の走化性を高めます。
平時は3gを目標に、感冒症状などが生じた時には増量します。

⑤ミネラル(鉄、亜鉛、セレンなど)
⑥感染症といえば、オリーブ葉

参考

新型コロナウイルス感染症対策:内閣官房

https://corona.go.jp/

ラクトフェリンとは:オーソモレキュラー栄養医学研究所

ラクトフェリンとは:日本ラクトフェリン学会

https://lactoferrin.jp/about.html

フローラル・ケア購入

フローラル・ケア専門サイト

https://www.mildix.net/

新型コロナウイルス感染症とは関係なく、ビタミンDの補充を考えましょう!:当院ブログ

ビタミンC・ビタミンC点滴について:当院ブログ