Now Loading...

平日 |9:55~13:15 14:30~18:45
土曜日|9:25~13:15 14:30~16:30
休診日|日・祝日

美容皮膚科のご予約・お問い合わせ
050-3734-0694【完全予約制】

院長ブログ

稗粒腫(ひりゅうしゅ・はいりゅうしゅ:millium)とは

2021年08月12日

稗粒腫(ひりゅうしゅ・はいりゅうしゅ:millium)           

直径1~2mmの表皮直下に出来る白色の小丘疹で目の周りによく見られます。
こするなどの刺激や炎症によって皮膚付属器や表皮角化細胞が破壊された角化性嚢腫で、小切開により白色の角質塊が出てきます。

一部の患者さんは「小さな脂肪の塊」というような言い方をされます。大きめのものを選んで針や炭酸ガスレーザーで穿刺して内容物を押し出します。少し大きめのものでは施術後にテープ保護をしていただきます。

頬など下床に骨がある部位は穴を開けたあとは面疱圧出の要領で押し出せるのですが、眼瞼など下床に骨がない部位ではピンセットでつまんで押し出さねばならないのでより痛みを伴います。

治療後3、4日は傷の赤みが出ることがあります。こするなどの行為がないかどうか自身の日常生活を見直しましょう。
泡洗顔、洗顔後の水分を拭き取るのにタオルを押し当てるだけでなくこする行為が加わっていないか、などなど。花粉症の時期に目の周りに目立つことも少なくありません。

また、アトピー性皮膚炎の方で同じく眼囲をこする癖がある方にもよく見受けられます。

高齢者で乾布摩擦をよく行う躯幹や上肢に稗粒腫が多発した方もおられました。

治療法:針や炭酸ガスレーザーで穴を開けて、内容物を押し出します。基本は保険適応です。
*あまりにも数が多くて一度に施術希望の方、表面麻酔外用後に可及的に炭酸ガスレーザーでの処理を行なう事も可能です(自費)。

稗粒腫の写真


見えづらいかも知れませんが、白いブツブツです。

医療法人社団 精華会
ミルディス皮フ科 村上 義之