Now Loading...

平日 |9:55~13:15 14:30~18:45
土曜日|9:25~13:15 14:30~16:30
休診日|日・祝日

美容皮膚科のご予約・お問い合わせ
050-3734-0694【完全予約制】

院長ブログ

美容治療入門7

2021年08月23日

具体的な治療の考え方(2)

①表面の凸凹を処理しましょう。

 先日亡くなられた宇津井健さんも晩年(「渡る世間は鬼ばかり」に出演していた頃)の方が、それ以前よりもかえって肌つやよく却って若く見えたくらいです。それ以前にはあった顔面や首の多数のイボもきれいに処理されています。イボが悪いわけではなく、もちろんしわやしみと同様にその人の貫禄や年輪のようなものと好意的にもとれますが、イボの有無でどちらがよいかと問われれば多くの人はない方を好みます。しかも「脂漏性角化症」「アクロコルドン」などなどが所謂「年寄りイボ」の代表ですが、これらは比較的簡単に処理することが可能です。しかも、その効果はその他の美容治療に比べるとより確実であり、費用対効果に優れます。「毛穴」を気にされる女性は非常に多いのですが、現在行なわれているほとんどの施術において多くの医師がその毛穴治療効果に不満を抱いています。それは、もちろんそれらの効果が不十分だと認識しているからです。

 こうした症状が目立つようでしたら(見た目、あるいは自身の手触りで)、是非ともこの治療から美容治療を開始しましょう。ホクロについては、その人のアイデンティティーや特徴にも関わることですので、自身で残すべきか除去を考えるのを判断してください。

多発性の小さなイボの治療方法

 ・表面麻酔を外用してサランラップをあてがって20~30分お待ち頂きます。

 ・炭酸ガスレーザーで一個一個を蒸散・焼灼してゆきます。

 ・合計で約1時間をご用意ください。ご予約での施術になります。

 ・痂皮が取れるまでに顔で1週間、首で2週間ほどを要します。

 *大きなイボや腫瘤は別途麻酔注射を行なってからの施術になります。場合によっては保険適応にもなりますのでご相談ください。ホクロや脂腺増殖症などの治療はイボとは異なり、少し深い位置まで蒸散させる必要があります。その後の赤みなども強く長く持続します。いずれもテープなどでの患部保護を要します。

顔の凸凹につながる、顔の代表的な「できもの」

この中には比較的簡単に対処できるものが含まれます。

それが⑤の「脂漏性角化症」と言われるもので、首の多発性の小さなイボである「アクロコルドン」同様に小さなものが多発しておられる方も少なくありませんが、炭酸ガスレーザーなどを使用して傷跡を最小限にして除去できる代表的な「できもの」です。

②表面の色ムラを少なくしましょう。

 次に手をつけるのが大きな目立つシミの対処です。老人性色素斑(境界がはきりした円形に近いシミ)で濃い色調のしみが先ずはターゲットです。それに対する治療法は先ずはQスイッチレーザーです。とりわけ目立つシミを選んで処理します。それら以外の多数の小さなシミ(例えばソバカス様のシミが広い範囲にパラパラと存在)に対してはIPL(ライムライトやオーロラなど)で全体を少しずつ薄くしてゆく方法が好まれます。範囲が広いこともあり、テープ保護が不要である(ダウンタイムが少ない)ところが魅力なのだと思います。

 ほとんどの方は複数のシミをお持ちです。老人性色素斑に肝斑を合併しているなど、非常に多く見られます。こうした場合、肝斑が目立つ状態(濃さ)であれば先ずは肝斑の治療を優先させましょう。肝斑の治療としては内服、ハイドロキノンなどの美白剤外用、ケミカルピーリング+イオン導入、レーザートーニングなどが挙げられます。

 平坦なホクロも色ムラの原因にはなります。但し、ホクロの治療を行なうかどうかはあくまでもご本人の判断によります。隆起していても平坦であっても同じです。治療を希望する方には炭酸ガスレーザーで治療を行ないますが、Qスイッチレーザーを併用することもあります。

大きな目立つ濃いシミ(老人性色素斑)の治療方法:Qスイッチレーザー

 ・表面麻酔などは不要です。患部を冷却した状態でQスイッチレーザーを照射します。

 ・バチンバチン、チクチクと輪ゴムではじかれるような痛みが照射毎に生じます。

 ・照射直後は白色調を呈したりしますが、その後は赤みから次第に褐色~黒色調のごく薄い痂皮に変化してゆきます(焦げてシミが黒くなる感じを想像して下さい)。

 ・患部を紫外線をカットする特殊なフィルムで保護し、その上からメイク可能です。

 ・痂皮が取れるまでに顔で7~10日、体では2週間ほどを要します。

 ・1~2週間後に再来いただき、アフターケアとしての美白剤外用に移ります。

 ・このような経過を踏まえて、施術可能日にご予約をお願いします。

ソバカスなどの小さなシミが広範囲にある時の治療法:IPL光治療

 ・表面麻酔は不要で、顔面全体にジェルをのせて光照射を行ないます。

 ・皮膚の表面に少し大きな範囲でバチンバチンというような痛みを照射時に感じます。直後からメイク可能です。

 ・直後は照射部の赤み程度ですが、次第にシミの濃いところが黒色変化し、数日から1週間をかけて小さな痂皮の集合体が少しずつとれてゆきます。反応したシミは一時的に濃くなりますので、どうしても初回は化粧ができても隠しきれないことがあります。初回施術日は少し日程に余裕を持たせてお選び下さい。以後は初回ほど強い反応をすることはありません。

 ・顔全体を照射しますので、反応したシミ以外の肌にも熱が入ることになり適度なハリを肌にもたらすので、総合美顔器のようにも言われます。

 ・3~4週間の間隔で数回(人によって回数は異なりますが、3~5回程度)照射を行ないます。2回続けて反応が無ければ(シミが焦げなければ)、その機器の限界です。経過に応じて出力を上げては行きますが、あげすぎるとシミ周りの皮膚まで火傷を生じるリスクが高まります。どうしても気になるシミが残っているときには、その部分だけアキュチップやQスイッチレーザーを照射で対処されることをお勧めします。

 ・一般的な目標は化粧すればシミが隠れてしまう状態です。

 ・さらに残ったシミを薄くするよりも、折角そこまで改善した状態を出来るだけ維持するように考えるのがよいでしょう。そのためにもメインテナンス照射をお考え下さい。数回繰り返して照射して、そこそこの状態になったあと、半年に1回などでIPL照射を行なうことによって再燃してきたシミや予備軍のシミが次第に濃くなってきていた場合には照射に反応して改善されます。

 ・施術と施術の間にはハイドロキノンなどの美白剤にて普段のケアを行ないます。

上記の両者が混在するときの治療順序:どちらを先に治療するか?

 ・多くは個人の好みです。大好物の食べ物を真っ先に食べる方と最後に楽しみを取っておく方、それぞれです。

 ・効率から考えると、全体をIPLで数回治療を行い、残った気になるシミだけQスイッチレーザーを照射。

 ・本人が一番気になるシミを先ず処理する。これによって本人の治療モチベーション(やる気)がアップしたりします。これもよくあることです。しかもQスイッチレーザーの反応はこちらの方が優れます。

 ・時間が許せば、最初の1~2ヶ月を徹底的な遮光とハイドロキノンなどの美白剤外用で肌を落ち着けてからシミの各種光治療に入って行く方がより得られる結果が良好になるとも言われています。でも待てないのも人情です。

上記以外に肝斑が目立つときの治療、あるいは途中で肝斑が目立ってきたときの治療

 ・これもよくある話です。と言いましょうか、ほとんどの方に肝斑は基本的に合併していると思っておいた方がよいのではないかとすら私は感じています。

 ・先にも書きましたが、肝斑が目立つときは肝斑の治療を優先させます。

 ・徹底的な遮光、強くこするなどの肌への刺激を排除することが基本です。

 ・そのためにも適切な量の日焼け止めを使用し、適宜塗り直しをしましょう。

 ・その次に、ビタミンCやトラネキサム酸などの内服とハイドロキノンの外用になるでしょう。

 ・さらに追加で考えるのがケミカルピーリング+イオン導入などを1ヶ月に1度で行なう、さらには1~2週間に1回の頻度で来院することが可能であればレーザートーニングを併用するのが早期に色調を改善させるのに有用と言われています。痂皮などは作りませんので、当日からメイク可能です。

 ・肝斑が薄くなった時を狙って、残りの目立つシミのレーザー・光治療(Qスイッチレーザーやアキュチップ)でピンポイントでの治療をしたり、全体を数回IPLで治療したりします。

 ・該当される方は当院の小冊子「肝斑のこと」を参照下さい。

平坦な黒いホクロの治療法:炭酸ガスレーザー+(Qスイッチレーザー)

 ・局所麻酔を注射して炭酸ガスレーザーで少し周囲を含めて蒸散させます。

 ・擦り傷状態になりますので、大きなモノでは患部をテープで保護する必要があります。

 ・シミ治療よりも施術後の赤みが長く続きますし、深いホクロでは色素が残存していたり、徐々に再燃してきたりすることがあります(むしろ、そうなることが前提でもあります)。

 ・繰り返しますが、どのホクロを治療するかなどはあくまでもご本人の判断になるのが基本です。

鼻や頬も毛細血管拡張症の治療法:ロングパルスNd-YAGレーザー(クールグライド)接触照射

 ・血管が浮き出て目立つ場合も色ムラに含まれるでしょう。皮膚の毛細血管拡張症も皮膚老化の徴候です。

 ・特に小鼻のワキ(鼻翼基部)などは誰しも目立つように変化してゆく部位です。個人差ですが、頬などにもそれが及ぶ方もおられます。

 ・血管1本1本が目で追えるくらいに血管が拡張している場合はクールグライドでの血管治療が有用です。複数回の治療が基本となります。

 ・小さな赤い点(老人性血管腫)にもクールグライドでの治療が有用です。

 ・照射時の痛みはありますが、照射時の冷却のみで表面麻酔なども不要ですし、施術直後からメイク可能です。

 ・1本1本の血管がはっきりしない、所謂「赤ら顔」の治療は難しく、費用対効果の低い皮膚状態です。ロングパルスNd-YAGレーザーの中空照射(ジェネシス、スペクトラピーリング)やIPL(ライムライト、オーロラ)での治療に限られますし、その効果は限定的だと感じています。

③目立つシワやたるみの改善を目指しましょう

  ベーシックなスキンケアとしては日焼け止め(紫外線による真皮成分の変化を防止)とトレチノイン(当院では美白剤のハイドロキノンとの合剤であるTHクリーム)を日常的に使うことをお勧めします。トレチノインが刺激作用で継続使用困難な場合はレチノールでの継続を考えましょう。次のステップとしてハイドラフェイシャルケアシス(エレクトロ・ポレーション)などの機器による各種美容成分の肌への導入でしょう。

  顔や首のたるみの進行抑制を目的に行なう施術が、「Tightening machine:引き締め機器」になります。近赤外線(タイタン)や高周波(サーマクールやペレヴェ、リファーム)を用いて、表皮に影響を及ばさないで真皮層に熱を生じさせて線維成分(コラーゲンなど)に破壊やダメージを与え、即時的に熱収縮を生じさせ、その後は創傷治癒機転によって新たに線維芽細胞からコラーゲンなどが作られて組織として再構築されてゆくことを期待しています。

一方で「ちりめんじわ」・小ジワに対して行なわれるのがresurfacing(リサーフェイシング:皮膚表面に目に見える、あるいは見えない傷やダメージを与えて表皮と真皮の浅い層に熱作用を及ぼして組織の再構築を図る施術)になります。しかしながら、こうした主目的以外の施術によっても一定の効果が期待できます。例えば太田母斑(青アザ)治療に対してQスイッチレーザーを繰り返すと患部の小ジワまで改善されることは治療者の間ではよく知られている事実ですし、シミ治療としてライムライトオーロラなどのIPL治療を継続することによってもマイルドではあるものの肌のハリを実感される方が多くおられます(近赤外線領域を主波長にしている機種ではさらに有用)。さらにはロングパルスNd:YAGレーザー(クールグライドスペクトラ)を皮膚表面から少し浮かせて早いスピードで連続照射することを長時間繰り返す手技によっても同様な一定の効果が期待できます。確実にダウンタイムを生じてしまいますが、炭酸ガス・フラクショナルレーザーeCO2(横浜院ではEr:YAGレーザ)では眼瞼周囲の「ちりめんじわ」や施術部位の軽度のたるみを改善して引き締めるという点では有用であり、さらには照射した肌全体の「肌を入れ替える」ような質感の変化や均一性の向上が期待できます。あくまでも皮膚真皮浅層~中層が治療ターゲットであることから、表面の変化(小ジワ改善)には優れるものの、「たるみ」治療としては効果不十分だと思われます。

  前額、眉間、目尻などを代表とする「表情ジワ」治療の基本はボトックスでの治療になります。効果は明らかで、費用対効果の優れる治療法だと思います。継続すれば中年期以降での差は目を見張るモノがあります。但し前額などでは年齢とともに限界も出てきます(効かせすぎると、まぶたが重い)ので、ここでも「ほどほどに(軽く効かせる)」が重要だと思います。強い表情をすれば、シワが出来て当たり前、むしろシワが無ければ不自然です。軽い日常的に繰り返すくらいの表情ではシワ形成は抑制されているが、激しい感情を表す時にはシワが出来てしまうくらいが丁度よいのでしょうね。1年に2~3回での継続がベストでしょう。

  ヒアルロン酸などのフィラー(充填剤)も部分的に使用すると非常に有用です。頬、鼻唇溝(法令線)、マリオネットラインなどなど。加齢に伴ってボリューム・ロスが生じているわけですから、これらフィラーでボリュームを付加するというのは理屈にもかなっています。但しもちろん万能ではありませんので、その他の治療との組み合わせになります。例えば全体のケアをタイタンやペレヴェなどの「Tightening machine:引き締め機器」で行い、頬や鼻唇溝にフィラー注入を併用すると効果的です。機器単体での施術に比べるとフィラーでの変化は大きく、満足感は高まります。フィラーも種類や使用部位によって効果持続期間が異なります。値段なども含めて施術医と相談の上で使用するフィラーを決めましょう。

  ボトックスやフィラー注入は非常に有用な手段ですが、針を皮膚に刺すという行為を伴いますし、生体外物質を注入する行為でもあります。今一度ご自身で受容できる治療法かどうかをご確認ください。

④加齢に伴って目立ってくるその他の徴候に対する治療:おまけ

・上口唇の毛が目立つようになる:上口唇の毛は女性といえども年齢を経るとターンオーバーが延長することも関係してか多少若い方よりも長くかつ濃く見える場合が少なくありません。レーザー脱毛をしてしまいましょう。

・睫毛(まつげ)の貧毛化:上記とは裏腹に睫毛は頭髪と同様に次第にまばらになってきます。さらには、まぶたの垂れ(弛み)、目が窪んでゆくこと、などが相まって目が小さく見えるようになってきます(目力が落ちてしまいます)。「睫毛の美容液」であるグラッシュビスタでの対処をお勧めします。睫毛が増毛増大することによって格段に目力が改善します。

・眉毛の長さを整えて、眉メイクを追加:眉毛がまばらにはなってくるものの、1本1本はターンオーバー延長に伴って長くなるのも老化のサインです。長すぎる毛は先端をカットして長さを整えて、さらに眉山まわりの産毛を処理眉から離れたムダ毛を処理、などです。加齢に伴って眉の外側が垂れてくるため、それを改善するような形をメイクで目指します。残念ながら男性の私にはこれ以上の知識がありません。

・口唇が薄くなる:加齢に伴って口唇の組織ボリュームが減少するとともに、赤唇部が内旋して外から見える赤唇部分が少なくなります。ボリューム減に伴って赤唇部に縦ジワが目立つようにもなってきます。対処方法としてはヒアルロン酸注入です。表面麻酔外用して冷却しながらの注入ですが、痛みを伴います。また好みはあるでしょうが、私は極端な「アヒル口」はお勧めしません。元に戻る、あるいは少し「ふっくら」「縦ジワ減少」を目指すのがよいと思っています。

参照・引用:美容医療機器の理論と実践(全日本病院出版会)

ミルディス皮フ科 理事長 村上 義之